最大値引き額よりもあと20万円安く買う方法を暴露!

実燃費レポート

<実燃費レポート1>
燃費を意識してインテリジェントモードで走っているときは5〜6キロでした。
じゃあスポーツモードだともっとひどいか、というと、なぜか7キロくらいまで伸びました高速では10キロくらいですね。
まぁ燃費は期待しないほうがいいでしょうね。

<実燃費レポート2>
街乗りで8〜10km/L、郊外で12km/Lくらいですかね。
決して良くは無いですが、この車体、馬力にしては頑張っているのではないでしょうか。
とはいえ多少気になるのは燃費とインテリアくらいで、あとは優秀なので全体的にはとても良い車だと思いますよ。

<実燃費レポート3>
燃費がいいとは言えませんが、エコドライブを意識すれば街乗りでも10キロを超えてくれます。
また、高速でオートクルーズで走ったときには14キロ近く出ました。

 

 

まとめ

フォレスターのカタログ燃費は15km/L(10・15モード)で、実燃費の平均は10m/Lです。
フォレスターはドライバーの心がけ次第で大きく実燃費を変動する傾向にあります。

 

燃費を意識しなければあっという間に5km/L前後まで落ち込んでしまう反面、エコドライブに徹すれば10km/Lは安定して超えるようです。
とはいえ、カタログ燃費はまず出ませんし、運転次第といっても基本的には燃費性能は悪い方なので、燃費を重視される方にとってはあまり歓迎できない車かもしれません。

 

しかし、フォレスターはなんといっても運転する楽しさが味わえる車です。燃費は物足りなくても、そのデメリットを補うだけのメリットがこの車にはあります。
燃費だけを取り上げて候補からはずしてしまうのはもったいないかもしれません。

 

見た目のかっこよさや走行性能の高さ等、気になるところがあればまずは一度実物を見学に行ってみるといいでしょう。

 

あと10万円SUVを安く買う方法とは!?